精力剤とはどんなもの?

 

 

精力剤というのは、主に更年期以降の男性を対象に作られており、性機能増強を目的とした薬やサプリメントです。

 

 

医薬品として販売されているものと、食品として販売されているものに分けられ、食品として販売されているものが、いわゆるサプリメントや健康食品、清涼飲料水などとなります。

 

 

精力剤は加齢やストレス、喫煙などから引き起こされる血流の悪化や男性ホルモン分泌の低下から引き起こされた精力減退や勃起力の低下を改善することを目的としており、血流の改善や男性ホルモンの分泌の促進、滋養強壮、疲労回復などの効果があると言われています。

 

 

では、市販されている精力剤はどれでもこのような効果が期待できるのでしょうか?

 

 

 

どの精力剤でも効果は同じなのか?

 

 

精力剤として販売されている医薬品やサプリメントは多数あります。

 

 

医薬品として販売されている精力剤は厚生労働省の承認・認可を受けているということですから、効果は期待できると思っていいでしょう。

 

 

ではサプリメントとして販売されている精力剤では効果は出ないのでしょうか?

 

 

サプリメントとして販売されている精力剤に使われている成分は、主にシトルリンやマカ、トンカットアリ、アカガウクルア、亜鉛などが多いです。

 

 

これらの成分はいわゆる天然成分で、古くから民間療法として精力増強などに効果があると言われていました。

 

 

シトルリンにいたっては、日本では2007年までは医薬品扱いだったものですし、十分効果がある根拠になるでしょう。

 

 

精力剤の効果については様々な意見がありますが、飲んですぐに効果が表れるというような即効性は期待できませんが、長期間服用することで、確実に効果を発揮してくれるものだと思います。